医療風景

TOP > 医師転職 > 非公開で求人を紹介する医師転職サイト

非公開で求人を紹介する医師転職サイト

最初に会員登録を行わないと医師転職サイトが利用できない事が多いでしょう。ほとんどの求人は、ログインしていない人は見る事ができません。

医療機関が求人を公開したくない理由としてはいくらかありますが、働いているドクターが退職するのであれば、別の人を雇う必要があります。そして、その事が医院内で働く人や、他の医療機関の人にできるだけ知られたくないという事が考えられます。

また、人気のある求人であれば、たくさんの人が応募する事もあります。そうなれば、医療機関がたくさんの人の中から選ばないといけません。

業務と並行して人材の採用は大変な様です。医師転職サイトではこの様な理由から非公開で求人を紹介している様です。

医師転職で理想の職場

入院患者を扱う病院は必ず当直の医師が常勤している必要があります。
当直の業務は時間外のため時として体力的にも過酷となる事も少なくありません。
そのため、最近の医師転職サイトでは当直がない勤務医という選択をする事もできるようです。

医師の業務は時として当直で夜勤の業務を行った次の日にまた通常の業務を行わないといけない事もあるようです。

そうなると時として過度の寝不足や疲労の中業務を行わないといけません。
また、業務は人の命に直接関わるため精神的なストレスも多いため医師転職を行う人も多い様です。医師転職で理想の職場を見つけたいですね。

医師転職のタイミングについて

医師転職のタイミングは医局を退局したいと思ったときが多いようです。医局は日本特有で、医療現場の上下関係が厳しい環境にあります。また、医局がある大学病院には医師の教育機関という面もあるので、一般の病院に比べると医師の教育に必要な環境が揃っています。

その大学病院で一人前の医師として経験を積むことで、どの病院でも働いていけるという自信がついたり、後期研修などのプログラムがある程度終わった、専門医の資格を取った後のスキルアップをめざす、という理由で、医局を退く意思が固まったときをタイミングとし、医師転職につなげているようです。

医師転職のポイントは焦らないこと

医師転職を考えるようになったら、焦らずに行動することが大切です。できるだけ早く新しい医療機関で働きたいと思うあまり、手当たり次第に応募を繰り返してしまう医師もいますが、これでは成功しにくくなってしまいます。

なんとか採用されたとしても、自分の希望に合わない医療機関では長続きしません。しっかりと求人情報を見て、本当に長く働くことができるかどうかを考えることが大切です。医師転職を成功させるポイントは、とにかく焦らずに、サポートシステムを上手く活用するなどして、応募する情報を熟考しある程度の時間を見積もることと言えます。

関連

MENU

TOP 医師求人 検索する医師求人 医師転職 アドバイザーの存在 医師転職で目指すもの 医師募集 医師アルバイト 医師非常勤 美容外科