医療風景

TOP > 医師転職 > 医師転職で目指すもの

医師転職で目指すもの

医師転職を行う事によって、いろんな事をかなえる事ができるでしょう。

医者と言っても今では病院内だけで医療を行うだけではなく、いろんな所で患者に医療を提供する場面も増えてきました。

また、まだ詳しく解明されていない難病の研究やその新薬、治療法の開発などの仕事もあります。

医者の仕事に求められるのは人を助ける事ですが、医者と一言で言ってもいろんな仕事をしている人がおり、医師転職を行う時にはいろんな仕事を選ぶ事ができます。

もしも、目標は特にないという人は小さな事でもいいのでできるだけ目標を持つようにしてみてはどうでしょうか。

これは医師転職の際にはもちろん、普段患者の診察を行う時などにもよりよいサービスを与える事ができるのではないでしょうか。

また、目標を持って医師転職や普段の業務に取り組んでいると長い時間が経てば、きっと大きく成長しているのではないでしょうか。

医者として成長する事はさらに自分にも大きなメリットをもたらしてくれる事でしょう。

神経内科へ医師転職

内科医師の需要が高いことはよく知られていることですが、内科の中でも専門的な分野についての求人も多くあります。

神経内科は、しびれやめまい、運動機能の不全などの症状から病院を訪れる患者さんを診察し、どこに原因があるのかを見極めて適切な科での治療へ導くための最初の診断を下す役割として、近年特に重要視されています。

神経内科を設置している病院ばかりではなく、内科の中で輪番で各専門分野の医師アルバイトを募集しているところもあります。

週に数日、あるいは月に数日などの求人もあるので、ご自身のライフスタイルに応じて働き方を選べるのが医師アルバイトという形です。

医師転職に必要なのは将来を見据える力

ある程度の経験を積んだ医師は、次のステップアップとして転職を考える方もいれば、一旦医療の現場を離れたいとして転職をする方もいます。医師転職をする上で必要なのは、これから先の医療現場にはどのようなことが求められるかを考えることや、将来の自分の立ち位置がどうなっているか未来図を作ることです。

日本では高齢化社会やストレス社会が問題になっていて、すでに、救急科やリハビリ科、訪問診療や老後施設の求人、精神科や心療内科の求人が増加しています。どの分野に医師転職を行えば自分の技術を活かせるか、また、社会の動向を判断する力も必要なようです。

医師転職のタイミング

一般の人が閲覧する求人情報サイトには医師求人情報はほとんど出ていませんし、医師転職のためのエージェントがいることもあまり知られていません。しかし、医師でも転職することもあり、生涯で3、4回程度行うといわれています。

医師転職を考える場合は、医局を辞めるというときが多く、大学医局にいるメリットを考えての決断が多いようです。具体的には、研修期間中の3年から5年を経て、最低限の診療スキルを学ぶ期間の後の転職と、または専門医として研修を受けて専門医試験に合格後、さらに医学博士の学位を習得後などの時期に転職を考える場合が多いようです。

関連

MENU

TOP 医師求人 検索する医師求人 医師転職 アドバイザーの存在 医師転職で目指すもの 医師募集 医師アルバイト 医師非常勤 美容外科