医療風景

TOP > 医師求人 > 医師求人のリクルートサイト

医師求人のリクルートサイト

医師アルバイトの専門サイトが出来るほど、医師アルバイトは一般的になりつつある。

そこで気になってくるのが、医師アルバイトが事業所得になるのか給与所得になるのかという所だが、その答えはズバリ、開業医であれば事業所得、勤務医であれば給与所得になる。

給与所得の場合、「給与」ではなく、「報酬」という形で貰う事にしたらどうかと思う人もいるかもしれないが、名目上は「報酬」に出来たとしても、税金の支払い時には給与所得として取り扱われる事になる。

ただし、同じ内容のアルバイトでも、「委託」扱いのものは事業所得に出来る為、交通費などの経費を浮かせたいのなら、募集内容をよく確認してから参加する事をお勧めする。

現在の日本の医療現場では医師不足が慢性的になっていますが、欧米化の食生活の影響で糖尿病、高血圧などの生活習慣病にかかる患者数は毎年増える一方です。

その患者の診察窓口となる内科や、その後の治療経過および診療を行う内分泌科でこのような症状の患者の治療にあたる医師が不足しています。

内科や内分泌科を専門にしている医師の転職や復職は全国の総合病院やクリニックなどたくさんの求人の中から選ぶことが出来ます。

就職、転職を考えているなら、医師求人を扱うリクルートサイトで自分に合った勤務時間などの勤務体系を調べることが出来ます。

公立病院の医師求人について

医師求人を探す際、公立病院の募集は民間の病院に比べて探しにくい傾向にあります。理由は、民間病院に比べて数が少ないためです。数が少ないため必然的に人気エリアの公立病院の求人は競争率が高くなることも多いです。

医師求人サイトや雑誌で募集されていることもあるので、見つけたらすぐ応募しましょう。また、希望する公立病院があるのであれば、その病院のホームページをチェックすると、求人情報が掲載されていることがあります。その場合、自分で直接病院に連絡し、面接のアポイントを取ることが出来ます。ただし、待遇面等詳しいことが記載されていないことも多いので、面接の時に気になることがあればしっかり質問しましょう。

医師求人サイトの選び方について

近年では、スマートフォンやインターネットの普及により、医師求人の専門サイトを利用して転職活動を行う医師も多くなりました。沢山ある医師求人サイトから良いものを選ぶためには、いくつかポイントがあります。

まず、大手企業が運営しているサイトは、安全性が高いことが多いです。聞いたこともない企業のサイトより、誰もが知っている企業のサイトを使った方が無難です。次に、医師の登録者数が多いところを選びましょう。登録者数が多いと言うのは、それだけ多くの医師に信頼されているサイトだという証拠です。また、可能なら転職サイトを使った医師に話を聞き、病院との交渉が得意なエージェントのいるところを選びましょう。

医師求人情報をお探しの場合

医師が転職を考える場合、求人情報を効率的に探し出せる医師求人情報専門サイトを利用するのがおすすめです。医療業界の求人に特化しているので、他転職サイトにはないような優良案件が掲載されることもあり、転職活動が有利になります。

自分の希望に合った条件の求人案件を素早く検索することができるので、効率的に転職活動を進められるメリットは大きいものです。気になる求人が見つかったらサイトから直接応募することもでき、面接までの流れも非常にスムーズです。医師で転職をお考えの方は、医師求人専門サイトをぜひ活用してみてください。

医師求人に特化したアプリ

さまざまな求人情報アプリがリリースされていますが、中には医師求人に特化しているものもあります。高齢化社会に伴い、人手不足が深刻化している医療現場では、人員確保のためさまざまな働き方を提案しています。

フルタイム勤務だけでなく、短時間勤務、非常勤、スポット勤務など、ライフスタイルに合わせた転職が可能となっています。出産や子育てを理由に現場を退いた女性医師も職場復帰しやすいよう、院内託児所付きの医師求人も多く見られます。通勤中や休憩時間など隙間時間を活用して情報収集できるので、忙しい現代人にぴったりの転職ツールと言えるでしょう。

関連

MENU

TOP 医師求人 検索する医師求人 医師転職 アドバイザーの存在 医師転職で目指すもの 医師募集 医師アルバイト 医師非常勤 美容外科