医療風景

TOP > 医師転職

医師転職

今までに医師転職を行った経験がなく、これから始めて医師転職を行うという人は転職を決断するのにかなりの勇気が必要であったかもしれません。でも医師転職は医者にとって大きく飛躍するチャンスとなる事もあります。

時には勇気を出して医師転職に乗り出すのも必要な事であると言えるかもしれません。

新しい環境で仕事をする事は、気分もフレッシュになり新たに頑張ろうという気持ちになる事ができるでしょう。

転職する事は新しい事を勉強するチャンスでもあり、キャリアをアップさせる事ができるチャンスかもしれません。

外科の医師として転職するなら

人それぞれ転職する理由というのは異なります。より高い地位や報酬を求めて転職する人もいれば、時間的なゆとりを求める人もいます。

また、他にもやりがいを実感したいという医師もいるかと思います。外科の医師として転職したいのであれば、これまでに培ってきた技術や知識というのは面談の時には多いにアピールする事ができるかと思います。

また、同じ職場である程度の年数働いてきた医師であれば、経験が優遇される現場においては採用されやすいかもしれませんね。外科は特に手術のスキルなどが重視されやすい事でしょう。

外科は決して楽な仕事ではありませんが、必要としている患者さんがたくさんいる事でしょう。

医師求人を探すなら専門の転職サイトへ

転職するにあたってハローワークを利用する方も多いかと思いますが、国家資格を保持していることが前提となる医師求人について見つけるのは困難です。医師転職をするならば、医療系雑誌や医師専門の求人検索サイトへ登録することをおすすめします。

希望勤務地や担当科、希望の給与水準など細かく項目を設定して検索することもできますし、条件を登録しておけば希望に近いところからスカウトメールが届くところもあります。また、今の仕事が忙しくてじっくり医師求人を吟味する時間が無いという方は、転職エージェントを利用するのもいいでしょう。希望に合う求人をピックアップしてくれるだけでなく、給与など雇用条件の交渉もしてくれます。

診療科目にこだわらない医師転職

社会で仕事をする上で、誰しもがぶつかるだろう転職問題ですが、高収入というイメージのある医師も同様です。医師転職では、自分が専攻してきた分野を中心に職探しを行うことが多いですが、科目にこだわらずに探すこともできます。

元々選択していた科目から違う科目に興味を持った場合や、志望の科目の求人が見つからないときなどにも有効です。医師転職で、未経験や科目を問わずに出ている求人には、在宅医療や美容外科、介護老人保健施設や健診の医師、クリニックの管理医師などがあります。これらは、病院などよりも定時で上がれることが多く、女性医師の産後や育児後の復帰の際にも好まれます。

意外と難しい医師転職

医師免許を取得すると多くの診療科で仕事をすることができるので、転職活動をするのは一般企業よりも容易なイメージがあります。しかし実際には、一般企業と比べて求人の数が限られてしまうため、なかなか転職できない医師もいるのです。

医師転職を成功させるためには、効率の良い転職活動の進め方を知っておく必要があります。まずは医師の求人を多く取り扱っている媒体に登録し、多くの求人に目を通さなければなりません。なんとなく気になった求人に応募を繰り返すこともできますが、本当に働きたいと感じる医療機関に絞って応募する方が成功しやすいです。

関連

MENU

TOP 医師求人 検索する医師求人 医師転職 アドバイザーの存在 医師転職で目指すもの 医師募集 医師アルバイト 医師非常勤 美容外科