医療風景

どんな医者になりたいか

特に若い医者は将来、自分はどんな医者になりたいか、または医者としてどうありたいかという事を考える事は重要な事ではないでしょうか。

このように目標を考える事で自分が今何をすべきなのかが自然と見えてくるでしょう。

ずっと一つの病院だけで医者として働く事で自分の目標が達成される事があるでしょう。または現在勤務している病院だとかなえるのが難しい目標であれば、その目標をかなえるために医師転職を行うという選択肢もあります。

医者になって間もない事はいきなり将来の自分のビジョンを具体的に描くのは難しいかもしれません。しかし、だからといってただ漠然と仕事に取り組むのではなく目標を持つ事が医者としてのあなたを成長させてくれるでしょう。

医者として成長する事で、より患者にいい医療を提供する事ができるかもしれません。

また、医者たちが働く病院内の環境をもっと適切な医療を提供しやすい様に改革する事ができるかもしれません。

医者として成長する事はきっと可能性を広げてくれるでしょう。